• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年01月29日 (火) | 編集 |
どうしてもブログに書きたかったことがやっと解禁になったので、書きます


1月15日の朝、某週刊誌の記者から取材の依頼がありました

もちろん「魚らん川」の取材です

現状はどうなっているのでしょうかと聞かれたのですが、僕自身、最近「魚らん川」の偵察に行ってなかったので現状は不明でした

せっかくの取材依頼なので、現状がどういう状態なのかを確認するために、15日の午後に現場へ行きました

「土嚢」が片付いて「釣り堀」が撤去されていたのは以前書いたとおりですが、相変わらず釣り人の私物は置き去りにされた常態です


gyo-ran-gawa-kaidan.jpg
川へ下りる階段は雪をどけてありましたので、釣り人が来たのでしょう
お疲れ様です

kasa-tate.jpg
パラソル立てはまだありました

shibutu1.jpg
木の枝にはいろいろぶら下がっています

shibutu2.jpg
前から気になっているこのボトルには何が入っているのでしょうか

shibutu3-kusari.jpg
折り畳み椅子を鎖で縛って保管してます
盗難防止なのだと思いますが、盗まれるのが嫌なら持って帰ればいいのに

shibutu5.jpg
ここにもボトルがあります

baketu-kusari.jpg
バケツも鎖で縛って保管中

bbeniya-kusari2.jpg
廃材?も鎖で縛って保管中

beniya-kusari.jpg
ベニヤ板は自転車用の鍵で縛って保管中
ベニヤは放置すればホームレスが持っていきますから縛っておいたほうが安全です

isu-kusari.jpg
これも椅子みたいです
ロープと鎖で縛って保管中

ihou-gyogu.jpg
「おさかなキラー」かな
「びんどう」と同じで、多摩川では禁止です

aoi-shibutu.jpg
僕がシートをめくって中を見ようとした荷物はサイズが小さくなりましたがまだ放置

turugu.jpg
冬になって雑草が枯れたお陰で、今まで隠れていたものが出てきました
これは誰かの釣り道具でしょうか

garakuta1.jpg
これはガラクタですね

garakuta2.jpg
これもガラクタかな


以上15日に撮影した写真の中から3枚だけ選んで、週刊誌の記者あてに送信しました

17日の午前中に週刊誌の編集者とライターの二人が「魚らん川」の取材に来ました

aoi-shibutu.jpg

取材陣の二人はこの荷物に興味津々

僕が

「見るだけなら法には触れないと警察が言ってましたよ」

と言うと

「本当?よし、見ちゃえ」

とシートをめくって撮影してました

僕も何を隠しているのか前から知りたかったので一緒に見てみましたが、ガラクタでした

わざわざ撮影するほどのものではなかったので写真はありませんが、本当にガラクタでした

さっさと片付ければいいのに


取材陣は周辺にある釣り人の私物、特に鎖で縛ってあるものを撮影していました

少し離れた所に釣り人が二人現れたので、取材陣は見物のふりをして話を聞きにいきました


現場の取材が終わって新丸子駅に向かおうとした時、たまたま国土交通省のパトロールに会えたので、取材陣はインタビューしていました


今回の取材が採用されるかどうかはわからないけど、しばらくは公表しないでと言われていたので、僕はずっとブログに書くのを我慢していました

結局ボツになりました

すでに行政が介入して改善に向かっている状態では、読者目線では面白みに欠けるというのが理由だそうです



僕はボツでも残念とは思っていません

行政が介入しても改善に向かっていなかったらそのほうが問題ですし、それと自分の書いているブログがメディアの人にも見てもらえたことは素直に嬉しいです

僕みたいな「うつ病」の人の書くブログでも社会の役に立つのなら、ブロガー冥利に尽きるというものです



スポンサーサイト
テーマ:釣り
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。