多摩川と小杉の町の出来事を書く地域密着型のブログです
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月27日 (木) | 編集 |
魚らん川の「違法釣り堀」の問題を解決するために、僕は何度も川崎河川漁協の人と電話で話しました

漁協の人の一人が

「多摩川はルアー禁止にしたい」

と言いました

これが漁協全体の考え方なのか、この人の個人的な意見なのかはわかりませんでしたが、一部のマナーの悪いルアー愛好家が原因で、多摩川がルアー禁止にされたらたまりません

ギルへ買い物に行った時に店主にこの話を打ち明けました

僕の話を聞いた店主は、日本釣振興会を教えてくれました

今まで多摩川のことは、国土交通省、漁協、おさかなポストの山崎さん、川崎市の環境保護活動をするいくつかの団体にしか相談したことがありません

日本釣振興会は気が付きませんでした

さっそく僕は、日本釣振興会の「お問い合わせ」に相談内容を書き込んで送信しました

相談といっても、ここに魚らん川の相談をしても何かしてくれるとは思えませんので、川崎河川漁協がルアーを禁止にしたがっていることだけ伝えました


返事が来ました

メールをそのまま転載はできませんが、日本釣振興会は、川崎河川漁協と話し合ってみると伝えてきました




遊漁規則では、竿の本数を一人2本までと定めています

ルアーは使い道に応じて何本も竿を用意します

僕は、2本というのは同時に使う竿の本数だと思いましたが、念のため「東屋釣具店」に確認しました

遊漁規則で定められた2本というのは、釣り糸が水面より下に垂れている状態の竿の本数で、予備や陸に置かれた竿は計算外だそうです




2013年の遊漁券は発売中です

遊漁料・料金

自分がどの券を買ったらよいのか迷っている人は、「おさかなポスト」の山崎さんか「東屋釣具店」の店主に聞いてみてください
的確なアドバイスが得られると思います


遊漁券を扱っている人・お店

ここに「東屋釣具店」の連絡先があります


「おさかなポスト」山崎さんの遊漁券通販

通販でも、障害者手帳を持っている人はコピーを送れば遊漁券を半額で買えます

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。