• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月09日 (金) | 編集 |
久しぶりに「魚らん川」の偵察に行ってきました


あれだけたくさんあった「土のう」は全て撤去されて「釣り堀」は「川」に戻っていました

とは言え、周りには相変わらず、釣り人の私物が置かれています

テーブル、椅子、ベニヤ板、その他色々、そして青いビニールシートを被せた正体不明の荷物

私物1
私物2
これは釣りが終わって手の生臭さを洗う洗剤でしょうか?

ベニヤ板
これはベニヤ板ですが、盗まれないように鎖で縛ってあります
確かにベニヤ板を放置すればホームレスの餌食になるでしょう
だったら釣り人が自宅で保管すればいいのです

謎の荷物
これが正体不明の荷物です
畳2枚か、それ以上の大きさです

張り紙10
国土交通省・田園調布出張所の張り紙です
日付は10月4日

張り紙11
もう一枚は、11月5日
これは張られたばかりです

国土交通省・田園調布出張所は、月一のペースでパトロールしているようです


張り紙を見るたびに思うのですが、なぜ撤去の期限を決めないのでしょうか?

いついつまでに撤去しないと、「行政代執行」をやるぞ、ぐらい強力にやってもらいたいです


こういう隠された物を見ると中を調べたくなるのが僕の悪い癖

重しのブロックをどかしてシートをめくろうとした時

「おい、何やってんだ!」

と一人の釣り人が怒鳴りつけてきました

ケンカを売ってきたようです

僕は

「これはあなたの荷物ですか?見られて困る物を隠しているのですか?」

と冷静に対応しました

怒鳴りつける程度では僕が逃げないことがわかったのか、この元気な釣り人、というかチンピラは、助けを呼びに行きました

チンピラに呼ばれて現れた人物は、ガッシリとした体格の柔道でもやっていそうな雰囲気の男

多分、この男は“用心棒”的な役割なのでしょう

(こいつとケンカしたら勝てないな・・・)

ちょっと足が震えました

腕力には自信が無いので怖かったですが、舌戦なら絶対に勝てると思いました

男は

「自分は警察関係者で警備会社でも仕事をしている」

というメチャクチャな肩書きを名乗ってきました

「関係者」というのがよくわからない

現職の警察官なのか、警察の関係機関に勤務しているのか、それともすでに退職して警備会社の仕事をしているのか?


僕は、相手が警察関係者なら、話は余計に面白いと思いました

「あなたが警察関係者や警備会社の人だというのなら、悪い人を取り締まる側の立場ではありませんか。ところがあなたは悪質な釣り人の味方をし、国土交通省が撤去を要求している荷物も片付けさせようとしていない。国土交通省は、河川敷に放置された荷物がいつまでも片付かなければ、『行政代執行』をやると言ってますよ。警察の人なら意味わかりますよね。釣り人の代わりに行政が荷物を片付けて、かかった費用は釣り人に請求してくるんです。そんなことになったらあなた達は困るでしょう。そうならないうちに、国土交通省の言うとおりに荷物を撤去しなさい。」

ほとんど大人が子供を叱り付ける感じだったと思ってください

これで完全に男を封じ込めました


さっきの元気なチンピラはどうなったかというと、

僕が

「この荷物はあなたのですか」

という問いかけに

「違う」

と言いながら、大慌てで帰ろうとしていたので、僕は

「この荷物と関係無いなら逃げる必要はないだろう。堂々と釣りを続けていいよ」

と言ったのですが、逃げていきました


まさかこんな事態に発展するとは予想していなかったので、カメラは持ってましたが携帯電話は持っていませんでした

携帯があれば本物の警察を呼んで、自称「警察関係者」の正体を暴いてやることができたのですが

残念


自称「警察関係者」には、僕が「魚らん川」を見張っていること、「情報」をインターネットで発信していること、「情報」は国土交通省・漁協にも伝えていること、そしてテレビ局が取材に来た時には僕自身が出演したことなど全て伝えました

そして

「ここは有名になってしまったのです。悪いことはできませんよ」

と教えました


漁協は一般人の僕がパトロールのマネ事をやるのは賛成だと言いますが、警察はトラブルにならない程度にほどほどにしなさいと言います

行政がしっかりやってくれれば、僕もコワイおじさん相手に闘わなくて済むんですが




スポンサーサイト
テーマ:神奈川
ジャンル:地域情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。