• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年09月23日 (日) | 編集 |
多摩川のワンドでの釣り、2回目のお話です


1回目の釣行の時、「棟梁」と、あとから来たおじいちゃんは、ミミズをエサに「チョイ投げ釣り」で、マハゼ、ニゴイ、コイを連続ヒットさせていました

そこで今回は僕もマネして「チョイ投げ釣り」の道具を準備


ところで僕が買った「遊漁券(2500円・1年)」では、本来はリール竿が使えません

漁協の人が嘘を教えるからこういう事態になったのですよ、どうしてくれるんですか!!

実は、僕はネットで「リール竿は別料金」という情報を事前に仕入れてました

それで「遊漁券」を買う前に、漁協の偉い人に電話で確認したところ、「先に2500円(1年)の券を買ったら、あとでリール竿を使うからといって新しく券を買い直す必要はありません」という答えが返ってきました

その言葉を信じて、僕は例の「タバコ屋」で「2500円の遊漁券」を買ったのですが、「タバコ屋」に教えられて行った溝の口駅近くにある「東屋釣具店」の店主(この人は漁協の役員さん)の話では、「リール竿」を使うなら追加で「5000円(1年)」の券が必要だそうで、漁協の偉い人の話は間違いでした

それなら最初から「5000円の券」を買っておけば良かった・・・

「遊漁券」の払い戻しはできないというので、僕は仕方なく、リール竿を使っている時に漁協の監視員が巡回してきたら、その場で1日券を買うことにしました

【リール竿の使用については漁協と相談の上、漁協側の提案(監視員の巡回時に遊漁料を支払う)に従うことにしました。ズルをしたわけではありません。誤解した人がいましたら、言葉足らずですみませんでした。今年中はこれでいきます。来年はもちろん5000円の券を買いますよ!】
釣り場で遊漁料を払う時は、巡回の監視員が本物かどうか必ずチェックしてください。ニセモノがいるという噂は本当だそうです。
問題は監視員が本物かどうかの見極め方ですが、本物の漁協の監視員は、漁協の人しか持っていない「腕章」を必ず腕に付けています。ですから、それを確認してください。それから遊漁券の色は毎年変わりますので、「今年は何色か」ということを前もって調べておくのもいいでしょう。



今回の釣りエサは、「棟梁」を見習って現地調達のミミズと、先日スーパーで買ったイカやブラックタイガーっぽいエビの切り身、それから一応、練りエサ

イカやブラックタイガーの切り身は、本当は、うちの水槽の中にいる「オヤニラミ」のエサで、「オヤニラミ」の皆さんは、これらをとてもよく食べます

さらに「オヤニラミ」以外の川魚達にも人気です


現場に着くと、珍しくNさんがいません

Nさんはアルミ缶回収作業中だそうで、居たのは先日のおじいちゃんと、もう一人別の人

もう一人の別の人は、酒屋でよく見る酒ビンのケースを“椅子”代わりに使ってました

やっぱりここに来る人は貧乏だ

いや、貧乏というよりも、ここの釣り人達は道具に対するこだわりが無く、純粋に「釣り」だけを楽しんでいるのかも知れません


先客が2人いるわけですから、「すみません、隅っこの方でやらせてくださ~い」と挨拶して、まずはミミズ掘り

GRL_0396.jpg
ミミズさ~ん、どこにいますか~

川の近くは掘り易いけど砂地でミミズがいる気配無し

川から遠いところは地面が硬くて掘れません

百均の「移植ゴテ」は硬い地面に負けて曲がってしまいます


ミミズ掘りをしてると超常現象が起きました

どこからともなくミミズが降ってきたのです

周りには誰もいないし・・・・・不思議なこともあるもんだ

GRL_0399.jpg
結局、ミミズは天の恵みの1匹だけで、あとは持参したエサのみ
左端はイカとブラックタイガーの切り身、右端は、フィッシング中原で買える一番安い「万能練りエサ」
ミミズは絵的に問題があるのでそれなりの処理をしました(笑


釣り開始!

一投目

力み過ぎて仕掛けは対岸に着地

なんとか回収して二投目は無事に着水

GRL_0398.jpg
どう見ても「投げ釣り」だ(笑
川の釣りに見えない

この竿は、ずっと前、父親からもらった謎の竿で、「湘南キス」と書いてある以外は何も書いてなく、メーカーも不明です

本来は船からキスを釣る竿なのですが、「チョイ投げ釣り」にはピッタリ

仕掛けは道糸3号、遊動式テンビン、重り5号、それに船用のキス2本針仕掛けです

エサはミミズは1匹だけで貴重品なので、まずイカとブラックタイガーをそれぞれの針に付けました

しばらく待つとチョンチョンとアタリが

リールを巻くと良型のマハゼが釣れました

GRL_0401.jpg
天ぷらサイズだね
「イカの切り身」に食ってきました
イカでも釣れるじゃん

でも欲しいのは「ニゴイ」なのでマハゼはおじいちゃんにあげました

エサを付け替え再び仕掛けを投入

次のアタリはスゴイ!

グイグイと強い引き

20センチオーバーか?

ところが糸を巻いてるうちに「ふっ」と軽くなりました

残念・・・・・「ばらした」と思ったけど、少し重かったので巻いてみたらマハゼが釣れてました

これはもしかしたら、釣れたマハゼにバスが食いついていた可能性もありますね

よくキスの投げ釣りで、釣れたキスがヒラメに食われて歯形が残るというのを聞いたことあります

それに僕は海で釣ったマハゼが頭だけだったという経験があります


粘りましたがその後はアタリ無し

夕方6時、Nさんが帰っていたので、お土産に持ってきた「トップバリュの安い日本酒」を渡して、この日は帰りました


次回の課題

①ミミズは買ってくる
②ルアー(バス用)のタックルも準備する

バス釣ったら食うのだ
(ただし殺してから持ち帰り)



スポンサーサイト
テーマ:釣り
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。