• 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年09月03日 (月) | 編集 |
まずは「違法釣り堀」の撤去がどれぐらい進んでいるかを視察してきましたので、報告します


まだまだ完璧には程遠いですが、それなりに撤去は進んでいました


現場の写真です

CA390375.jpg
「釣り座」は全部なくなりました

CA390373.jpg
「土のう」は小さい物だけ一ヶ所にまとめて置いてあります
これは撤去ではなく、場所を変えて「保管」している状態ですから、いずれまた使うつもりか?という気がします

CA390372.jpg
上流側の堰き止めてあった部分には、まだ「土のう」が残っています
大きくて重いから動かせない?面倒くさいから放置?

CA390376.jpg
こちらは下流側ですが、実はこっちも「土のう」が埋めてあったのですね
残骸がまだ残ってます
「ちゃんと水は流れてるんだから、もうこれで勘弁してくれ」とでも言いたいのでしょうか

CA390377.jpg
ここにも「土のう」があるし、、、

CA390378.jpg
こっちにもあるし、、、

CA390379.jpg
この「土のう」は水中に放置

CA390380.jpg
もう一個、水中に「土のう」発見

CA390381.jpg
対岸の「土のう」は大きすぎて撤去不可能なのか

CA390374.jpg
イスとテーブルはそのまま


偶然「釣り堀」を造った釣り人達がいましたので、話を聞いてみました

「これで終わりなんですか?」

釣り人達は

「少しずつやるよ」

だそうで

「テレビに写った人はいないんですか?」

と聞くと

「あの人はもう来なくなった」

だそうです(テレビに写ったから来られなくなったのかな?)


僕が釣り人達と話をしている最中、国土交通省の人が現れて写真を撮って帰っていきました

国土交通省も一応仕事をしているようです


現在「魚らん川」は、流れの方向を変えてしまっています

もう「釣り堀」の方へは流れていません

近くのワンドに直結しています

多分、「土のう」で堰き止められ行き場を失った「魚らん川」は、自分から向きを変えてしまったのでしょう

自然の力というのは不思議です



ついに「遊漁券」を買いました

山内商店
漁協の人に教わった、田園都市線、二子新地駅前のタバコ屋へ行きました

改札を出てすぐです

この店で「遊漁券」の販売を始めたのは今年からということで、お店の人はまだ「遊漁券」を売る作業に慣れていないようでした

CA390366.jpg

CA390367.jpg
これが「遊漁券」です

住所と名前を書き込んで、販売者のハンコも押されています

「券」といっても「腕章」ですね


「遊漁券」を買う手続きのあいだに「なぜ釣り具屋ではなくタバコ屋なんですか?」と聞くと、「釣り具屋でも売ってますよ」と言うじゃないですか!?

タバコ屋さんが「溝の口の釣り具屋」というのを教えてくれたので、さっそく行ってみました

溝の口駅の近くの「東屋釣具店」という釣り具屋さんで、確かに「遊漁券」が販売されてました

漁協さん、こんなわかりやすい所で売られているのに、なんで教えてくれないんですか?


このお店は「遊漁券」の販売に慣れているようなので、「遊漁規則」を改めて確認しようと店員さんに尋ねました

ここで漁協の人の説明の間違いが発覚

漁協さん、ウソを教えないでください!


これで「遊漁券」が買える店が2ヶ所わかりました

積極的に買いたいと思っている人は、ぜひ行って、買ってから釣りをしてください



スポンサーサイト
テーマ:釣り全般
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。