• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年08月06日 (月) | 編集 |
「いろいろな方面へ連絡されているようですが、多摩川の環境対策をされている、山崎さん「おさかなポスト」をされている方へ連絡されてはどうでしょうか?」

というコメントを頂きました


さっそく山崎さんの連絡先をしらべて電話をかけました

そしていきなりの電話にもかかわらず、丁寧に対応してくださいました


山崎さんは

「国土交通省 田園調布出張所なんかに電話しても何もしてくれないよ」

と言い

「霞ヶ関と地元の議員に連絡しなさい」

とアドバイスをくださいました

さらに

「ブログ、見てるよ!」

と、なんと「おさかなポスト」の山崎さんは、すでにこのブログをご存知でした



まず地元の議員ですが、共産党の「市古てるみ議員」と微妙に知り合いなので、こちらに話を伝えようと思っています


さらに僕は教えられたとおりに「国土交通省」に電話をかけますと、「担当すべき部署を探してから折り返し電話をかけます」という返事をもらいました


ところが待つこと1時間以上、電話はぜんぜんかかってきません

だいたい担当部署なんていちいち探す必要があるのか?

そんなのすぐにわかりそうなもんだけどなー


待ってても電話がないので、こちらから電話をかけると、今度は担当者が不在で、10分~15分したらこちらから電話しますと言う

だけど20分以上待っても電話は来ない


さんざん待たされたあげく、電話をかけてきたのは「田園調布出張所」の人でした

「田園調布出張所」が役立たずだから「霞ヶ関」に電話したのに、これでは全く意味が無い


それでもせっかく電話してきたから、「田園調布出張所」としては、今後どういう対策を立てるのか聞いてみました

①・・・「釣り堀」を撤去するように張り紙を張る

②・・・釣り人がいた時は、厳重注意


こんななまやさしいことで、あの連中が「釣り堀」を撤去するわけがない!



この結果を山崎さんに伝えると

「これからが戦いだ」

と言われました

つまり僕が今までやってきたことは、プロローグだったということか。。。



今、本当の戦いを前に、僕は熱を出して寝込んでます

僕をクレーマーだと言った人がいたけど、本物のクレーマーはもっと図太くて図々しい人だから、この程度で体調を崩すことはないですよね

僕はあくまでも、多摩川が好きで、わざわざ多摩川の近くに引越ししてきた、ただそれだけの人間なのです



山崎さんは、「今後も何かあれば、電話ください」と親切に言ってくれました

味方はたくさんいる

頑張ろう



スポンサーサイト
テーマ:散策・自然観察
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。